トップ

医療機器のお金の事

医療機器の費用と耐用年数は

医療機器と投入資金の回収

医療機器は、治療行為の効率化のため、あるいは、特定の治療行為をするのに必然的に使用されるものです。毎日の治療行為で使用されることから、その耐久性については、十分高い程度が求められています。しかし、それでも機械ですから、耐久年数については限界があります。医療機器は、もともと価格の高いものですから、それほど頻繁に新しいものを購入するというわけにもいきません。そこで、具体的な購入を決める前に、診療報酬と購入資金を比較検討して、耐用年数の期間内に、購入資金の分を、十分回収できるように設定することが重要となるのです。

機器が使える耐用年数

医療機器は鋼製の単体のもの、例えばメスやCTなどの大型なものまで多種多様に存在しています。それらのものがどのくらいの間使えるのかを示したものが耐用年数と言います。材料が単一のものは、その材料が経年で使用目的を果たせなくなるまでをいいます。システムとして作られたものは、構成する部品が使えなくなり、修理対応ができなくなる期間を想定します。出来上がったものから想定することは難しいため、開発時に何年使えるようにするかを決めて材料選定をします。そのときに想定した年数が医療機器の耐用年数となります。メーカーはそれを文書に表示する必要があります。

医療機器についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 医療機器の費用と耐用年数は. All rights reserved.